カメラの充電器を買取店に持って行くなら知っておくと良いこと

カメラを売りたいと考えた時に、充電器はどうしたら良いのか迷うことはないでしょうか?扱い方によっては、想像している以上に良い金額で買取ってもらえることがあります。反対に安く買い叩かれる、場合によっては引き取り不可になることがあるのです。

そこで、この記事では充電器を手放す際に後悔しないための、ちょっとしたコツについて触れています。

関連:canonのカメラを高く買取ってもらうには?

すべてそろっているのかチェックしておきましょう

買取専門店に行く場合、充電器はカメラと一緒に持ち込む方が良いです。稀に充電器を持って行くのを忘れたからと、カメラだけを先に査定を受ける人がいます。そして、後日また充電器を持ち込むことがあるのですが、このやり方ではかなりの確率で損をしてしまいます。

理由は買取業者からすると、少なくとも二回は査定をしなければならず、手間がかかってしまうからです。おまけにカメラが持ち込まれた時に「後で充電器を持ってくるので」と言われても、それを信用するわけにはいかないのです。

万が一、そのお客さんが充電器を持って来なかった場合、先に買取ったカメラは、充電器なしの状態で店頭に並べなくてはならなくなります。充電器のないカメラは、あるものに比べると高値で売りに出せず、おまけに買ってもらえる確率が低いです。

そうなると買取業者としては、良い買取金額をつけられなくなるというわけです。そのため、カメラを売るなら充電器はもちろんですが、それ以外の付属品がそろっているのかをチェックしておきましょう。

特に保証書があると良く、いつ購入したのかの記載があれば充電器の劣化具合がわかるので買取業者に喜ばれます。ないならカメラを買った店舗に問い合わせておくと良いです。型番などから購入した日付がわかるかもしれないため、査定の時に買取業者にそれを伝えれば高評価につながる可能性があります。

性能よりも見た目が大切

充電器の買取金額は、ある程度ではありますが売る前に決まっているものなのです。市場には相場というものがあり、人気があるカメラの充電器は高く、そうでないものは安い値段になります。どんなに大切に扱っていたとしても、市場で取り引きされている相場を超えることは、まずあり得ないと考えておいて差支えがないでしょう。

だからといって何の手入れをせずに買取店に持って行って良いのかというと、決してそんなことはありません。まったく同じ充電器なら、美しい方が高値がつく可能性が高いです。買取店の多くは、査定をする時にはまず充電器の見た目を確認するものです。

買取った後にディスプレイに並べた際に、きれいな方が見栄えが良く売れる確率が高まるからです。次によく手入れされているなら、大切に扱ってきた証拠になるため、後で故障などのトラブルが避けられると考えられます。

そして、単純に従業員さんが磨く手間が省けるのも高値をつけるかどうかの大きな要素になります。大げさに感じるかもしれませんが、少人数で営業している店舗では数人の従業員さんが清掃のために取られるのは辛いのです。

他の業務に支障が出ることだってありますから、引き取ったまま売りに出せるならこれほどありがたいことはありません。店舗によってはきれいな充電器だという理由で、色をつけてくれるかもしれないので、汚れや埃は取っておいて損はないです。

関連:キッチュでかわいい!ホルガのカメラの買取情報

手を加えるのは禁物

美しい方が高値がつくからと、必要以上に手を加えてしまう人がいます。例えば、ひび割れや擦り傷を自分で修復するといった行為です。多くの充電器は、外側のカバーがプラスチックで作られています。もしそうならパテと呼ばれる、乾燥すると硬化する特殊な粘度で直すことが可能なのです。

しかもパテはホームセンターや模型店で簡単に手に入ります。そして、仕上げにカラースプレーを吹きつけておけば、一見しただけではわからない程度にはできます。しかし、カメラの買取専門店の場合、専門の従業員さんが確認するのが一般的です。

アルバイトの人がたまに持ち込まれるカメラや充電器を、ホームページで相場を調べながら査定するのとは違います。これまでに数百や数千台のカメラを見てきている人なら、手触りだけで修復したことがバレてしまいます。

その場合は、買取金額が激減するなどといったことは珍しくありません。下手をすると買取不可になるケースがあるので注意が必要です。カメラ自体はともかくとして、充電器は直接コンセントにさして使用するものです。そのため、素人が見様見真似で手を加えたものは感電やショート、酷いものは発火の恐れがあります。

そのような事態になると、販売した店舗が責任を問われかねないため、修復の跡がある充電器は敬遠されがちです。多少の減額は避けられませんが、ひび割れや擦り傷などはそのままにしておく方が無難です。

有名メーカーのものを買っておくメリット

お目当てのカメラがあるなら構いませんが、もしもどれを買うのか迷っているならとりあえず有名メーカーのものにしましょう。扱いやすかったりみんなが持っているので情報を共有しやすかったりとメリットが多いです。それ以外にも、充電器の流用が可能な場合があるのも良いところです。

すべてではないのですが、同じメーカーから出ている同シリーズのカメラなら、充電器が使いまわせるといったことは珍しくありません。その場合、新しいものを買うならカメラだけで良いので、経済的な負担が少なくてすみます。

また、買取専門店に持ち込んだ時の評価が違います。マイナーなメーカーだと、よほどの希少なもの以外はかなり安く買い叩かれます。やはり人気のないメーカーのカメラや充電器は良い評価を受けられません。しかし、これが需要の多い有名メーカーの人気シリーズのカメラであれば、例え充電器だけでもそれなりの値段がつくことがあるのです。

カメラを売りにくる人の中には、充電器をなくしたり壊したりしている人がいます。もう使わない人なら、せめてカメラだけでも引き取ってもらおうと持ち込むのです。そのため、カメラだけの在庫を抱えている店舗が意外とあります。

そこで該当する充電器を持って行けば、喜んで買取ってくれます。反対にまだまだカメラを使いたいのに充電器が劣化してしまった、といった人がいます。しかし、新品を買う予算がないので、中古品を探している人は多いです。

このように十分に需要があるので、何かしらの理由で充電器だけを持っているなら、廃棄する前に売りに出すと良いでしょう。

関連:古いビデオカメラを買い取ってもらう方法や高価買取のコツなどを紹介

最後にやっておくこと

充電器を売りに出す時に必ずやっておいた方が良いことの一つに、動作確認があります。基本的に充電できないものは引き取ってはもらえません。店舗で修理をして売りに出すところがありますが、その場合は、ほとんど値段はつかないと覚悟しておいた方が良いです。

反対に正常に動くようなら査定を受けておく価値はあるので、積極的に持ち込みましょう。