古いビデオカメラを買い取ってもらう方法や高価買取のコツなどを紹介

ビデオカメラは最新機種がどんどん発売されるので、古いタイプは買い取ってもらえないと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、実際は買取店を選んで、買取時のコツなどを理解しておけば、古いビデオカメラでも買い取ってもらうことができます。

今回は、古いビデオカメラを買い取ってもらう方法や、高額買取のコツなどを紹介します。

関連:canonのカメラを高く買取ってもらうには?

古いビデオカメラを買い取ってもらう方法

古いビデオカメラはリサイクルショップや家電をメインに扱っている買取店、カメラの専門店などで買い取ってもらうことができます。リサイクルショップや家電をメインに扱っている店舗では、メーカーや製品、状態などによって買取価格が一律に定められていることが多いです。

そのため、これらの店舗では適正価格で査定してもらえない可能性があります。しかし、カメラに特価した専門買取店の場合、査定に詳しい鑑定士が在籍しているケースが多い他、買取価格の交渉などが行える可能性もあります。

自分の愛用してきたビデオカメラを適正に買い取ってもらうためには、このような専門店に依頼してみましょう。他にも、いらなくなったビデオカメラはネットオークションなどで買い取ってもらうこともできます。この方法では、自分で最低価格を決められるだけでなく、本当に欲しいと思う人に買い取ってもらえます。

また、市場価値を理解してくれるユーザーが現れる可能性も少なくありません。この場合、適正な価格以上で買い取ってもらえる可能性があります。なお、オークションに出品するときは、ビデオカメラの詳細な情報を掲載しなければなりません。

あらかじめビデオカメラの状態を確認したり、本体の写真などを用意したりすることを忘れないことが重要です。

高価買取のコツ

ビデオカメラを少しでも高い価格で買い取ってもらうためには、良い保存状態であることが大切です。ビデオカメラは専用のケース・バッグなどに正しく保管されていなければ、傷が付いたりカビが生えたりする恐れがあります。

傷やカビは査定額を下げてしまう原因になるので、ビデオカメラは良い環境で保管しておかなければなりません。もし、汚れがついている場合は査定前に綺麗に拭き取っておきましょう。また、ビデオカメラには購入時、さまざまな付属品がついていることがあります。

保証書や説明書、その他アクセサリーなどが揃った状態であれば、査定額が上がりやすいです。さらに、外箱なども綺麗な状態であれば、より高額で買い取ってもらえる可能性があるので、付属品は全て用意しておく必要があります。

他にも、古いビデオカメラを高価買取してもらうには、売る時期についても見極めなければなりません。ビデオカメラの価値が下がるのは、同じモデルの最新機種が発売されたときです。そのため、同モデルの最新機種が発売される直前に買い取ってもらうことで、査定額が下がるのを防ぐことができます。

また、店舗によってはキャンペーンなどによってビデオカメラの買取価格がアップしている時期もあります。広告や店舗のホームページ、SNSなどを確認して、ベストなタイミングで買い取ってもらいましょう。

人気のある古いビデオカメラ

人気があるビデオカメラはそれだけ需要も高いので、買い取ってもらいやすい傾向にあります。特に人気が高いのは、パナソニックやソニー、GoProなどの有名なメーカーが販売しているビデオカメラです。パナソニックの場合、HC-V550Mなどのハイビジョン撮影や手ぶれ補正といった初心者でも扱いやすい機能が搭載されたビデオカメラが人気となっています。

また、ソニーでは、手軽に持ち運べて機能の充実したハンディカムシリーズが人気です。中古市場における需要が高いので、多くの買取店舗で取り引きされています。さらに、GoProは風景や旅行中の様子を撮影できる他、車内に取り付けて移動中の撮影もできるため、旅行好きな人から人気です。

中でも、手ぶれ補正や光学ズーム、タッチ機能などがついたコンパクトタイプなどは中古市場でも多く取り引きされています。古いタイプであっても需要が高いので、高額買取に期待できるビデオカメラです。

関連:ホルガの特徴とカメラを高額で買取してもらうポイント

買取店舗の特徴を知ろう

買取店舗にはそれぞれ特徴があり、買取方法や査定方法などが異なります。それぞれの特徴を理解して、納得のいく買取を行ってくれる店舗を探してみましょう。ビデオカメラも扱っている専門店として人気なのは「カメラのキタムラ」です。

買取方法としては店舗・郵送・出張の3つから選べるので、都合の良い方法で買取を依頼できます。ちなみに、郵送の場合は梱包キットを送ってもらえるため、自分では何も用意する必要がありません。査定額に関しては、下取りの場合は査定額が10%アップします。

他にも、高額査定に期待できる店舗として人気のある「プレミアムカメラ」という買取店もあります。プレミアムカメラでは、査定方法に減点方式を採用していません。減点方式は傷や汚れ、カビなどがある場合、査定額を下げていく方法です。

プレミアムカメラは正しく動作し付属品も全て残っているなどの条件が揃っていれば、上限金額での買取が保証されています。高価買取を期待する人は、査定依頼を検討してみましょう。

関連:キッチュでかわいい!ホルガのカメラの買取情報

古いビデオカメラを買い取ってくれる店舗の探し方

買取店によっては、古いビデオカメラを取り扱っていないところもあります。

そのため、査定を依頼する前には、どのような店舗が買取を行っているか把握しておかなければなりません。買取可能かどうかを判断できるポイントとしては、ホームページなどに掲載されている過去の実績です。

過去の実績に古いビデオカメラの引取り関する記載があれば、買取に応じてもらえる可能性があります。さらに、傷や付属品の有無などもチェックして、どのような状態であれば買取可能かも確認しておきましょう。他にも、ビデオカメラをの査定が得意な鑑定士が在籍していることも重要なポイントとなっています。

鑑定士が在籍していれば、古いビデオカメラであっても査定してもらうことが可能です。鑑定士の有無は広告やホームページなどに記載されているため確認してみましょう。また、キャンペーン期間中限定で、古いビデオカメラの買取を行っている店舗もあります。

型が古すぎるビデオカメラの場合、買取に応じられない店舗も多いです。しかし、買取キャンペーンなどを行っている場合、どれだけ古くても買取に応じてもらえる可能性があります。ただし、高価買取には期待できないので、あらかじめ理解しておくことが大切です。

関連:カメラの充電器を買取店に持って行くなら知っておくと良いこと