canonのカメラを高く買取ってもらうには?

有名なcanonのカメラの買取は、その高い品質も相まって多くの買取業者から歓迎されます。しかし、保存状態や買取方法によって査定額が変動するのは他のカメラと同様なので、ちょっとした工夫を凝らして少しでも高く買取ってもらいましょう。

また、下取りを選ぶにしても、買取額が高いほど新しいカメラ購入資金として役立てることができます。

需要のあるcanonのカメラ

カメラの買取において重要なのが、どれだけの需要を持っているかです。特に、一眼レフカメラはメーカーによって差が生まれやすく、canonのカメラはその点で優位に立っています。国内でも存在感のあるcanonのカメラを求めている人は多く、よほど状態が悪くない限りは買取を断られることはないでしょう。

また、canonだけに限った話ではありませんが、カメラは基本的に上級者向けの製品ほど高額でやり取りされています。

いわゆる上級機は機能性も高く、元々の定価も高額になっているため、自然と査定額も高額になりやすくなるのです。

カメラの状態は重要

カメラの買取で査定額を下げやすい要因として、カビの存在は無視できません。特に、押入れや収納棚にしまい込んでいたカメラを引っ張り出して買取りに出す場合、知らぬ間にレンズにカビが付着している可能性があるのです。

カビはレンズの性能を低下させるだけでなく、状態悪化を疑わせる要因にもなってしまうため、極力カビの発生を避けなくてはなりません。また、canonのカメラに限らず、カメラボディとレンズはどちらも欠かせないパーツです。

カビが生えたからといってレンズを外し、買取りに出しても思うような査定額にはならない可能性が高く、やはり普段からカビが生えないよう保存状態に気をつける必要があります。高温多湿な日本では、レンズ部分へのカビの侵食は無視できない問題であり、湿度を一定に保つボックスなどを活用して保存することで対策しましょう。

買取直前になってカビを取り除くこともできなくはありませんが、一旦分解してカビ部分を取り除く必要があるため、場合によってはレンズを傷つけかねません。レンズ自体も数万円の値がつくことも珍しくない代物なので、ボディ同様大切に扱いながら、長く使える状態を保つよう心がけましょう。

また、買取りに出す前に軽く掃除しておくのも重要です。ホコリを被っている場合はキレイにしておき、レンズをクロスでピカピカにしておくなど、ちょっとした工夫が重要です。

カメラは早めに売った方がお得

アンティーク家具やコレクショングッズなどは、古いからこそ高い値がつくケースもありますが、カメラに関してはほとんどが製造年が新しいほど高い査定額になります。逆を言えば、製造年が古いほど買取では不利になりやすく、一部のコレクショングッズと化したカメラ以外は年月が経過するほど価値が落ちていきます。

先ほど説明したように、カメラは湿気に弱く、長く保存していることでどんどん状態が悪化したり、単純に経年劣化で使い物にならなくなったりする恐れがあるためです。また、カメラはしばしばモデルチェンジをしていますが、そのモデルチェンジ後の製品と前の製品では当然モデルチェンジ後の製品の方が高い価値がつくことになります。

できれば、同シリーズで新しい製品が発売される前に、買取りに出したいところでしょう。

関連:古いビデオカメラを買い取ってもらう方法や高価買取のコツなどを紹介

まとめて売って高く買取

複数のカメラを所有している場合は、一度にまとめて買取りに出したほうがお得です。カメラ単品の価値が上がるというよりも、買取業者側がまとめ買いに対して査定額アップするよう工夫を凝らしていることが多いため、何点の買取でいくら買取額がアップするのかよくよくチェックしてみると良いでしょう。

また、一緒に買取りに出すとお得になるのは、付属品に関しても同様です。付属品とは箱や説明書、充電器といったグッズであり、特に充電器は非常に重要です。カメラの充電器は互換性がないことも多く、その場合は充電が切れ使い物にならなくなったり、使用状態を確認できないため買取を断られたりすることもあるためです。

箱や取扱説明書に関しては必須ではありませんが、充電器はほぼ必須であることを覚えておきましょう。

関連:ホルガの特徴とカメラを高額で買取してもらうポイント

過去の相場を知っておく

カメラに限った話ではありませんが、過去どのくらいの相場になったのかはある程度把握しておきましょう。購入時の定価からある程度予想はできるかもしれませんが、大幅に相場から外れているかいないかを判断するには、前もって相場の情報を確認しておく必要があります。

ネットからある程度情報を集められるため、簡単にでも確認することがポイントです。

レンズは年数に左右されにくい

カメラボディは古いものだと一気に査定額が下がることもありますが、レンズはそれほど大きく値崩れしないため、ある程度高く買取ってもらえる可能性が高くなります。

そのため、古いカメラであっても、レンズが付いている限りは買取りに出したほうがお得でしょう。

canonのカメラも例外ではなく、古いものでも問題なく買取ってもらえる可能性が高いので、諦めず買取りに出すことが大切です。

未使用品の価値とは

カメラによっては、購入したはよいものの全く使うことなく収納しっぱなし、ということもあるかもしれません。その場合は、新品同様の価値がつけられることもあるため、付属品と一緒に買取りに出しましょう。新品同様の価値をつけるためには、購入時の保証書など付属品も重要になります。

複数回使用しているカメラの場合は充電器以外の付属品が大きく査定額に影響することはありませんが、こと未使用品に関しては例外なのです。多くの買取業者では、状態をランク分けして買取を行っています。当然ランクが高いほど買取額も高くなるため、どんな基準で買取しているのか一度目を通しておくと良いでしょう。

関連:キッチュでかわいい!ホルガのカメラの買取情報

一度は持ち込み査定を

出張買取や宅配買取など便利な買取方法もありますが、できれば一度持ち込み査定を行っておきましょう。カメラは実際に動作確認をして買取を行うため、店頭買取の場合は目の前で実際に動作確認を行います。ダイヤルはきちんと回るのか、レンズを内側から見て曇っていないかなど、細かいところまでチェックされ、査定額に繋がります。

今後もカメラの買取を検討している場合、どうやって査定されるのかを目の前で確認しておけば、保存方法や手入れに至るまで新しい発見があるかもしれません。査定時にどこを見られるのかを、目の前で確認してみましょう。

詳細→デジカメ売却 ... カメラ高く売れるドットコム|https://www.camera-takakuureru.com/